Search this site
日々の出来事、食べたもの、たま〜に旅
<< ぶらり北陸 1 | TOP | ぶらり北陸 3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ぶらり北陸 2

金沢は2度目
10年くらい前、旦那の友人が金沢に住んでいたので、2人で会いに来たのだ。

その時は友人カップルと、そのまた友人で観光ボランティアをしているという女性が出迎えてくれ、
金沢の見所を案内してくれたのだった。
ありがたや〜。
でも当時はブログなんてしてなかったから、旅の詳細を振り返ることができない。残念。



今回は、そのぼんやりとした思い出の場所を、再びめぐってみることに。
金沢駅前のビジネスホテルに宿泊することにしたので、
そこの駐車場に車を置かせてもらい、1日フリーパス券を買って路線バスで観光地をまわる。



まずはここ、ひがし茶屋街。

たしか、案内してもらった場所の中に、茶屋街があった。
お茶屋さんやお座敷が並ぶ伝統的建築物の通りには、土産物店もあって、
そこで手になじみの良いグラスを買ったのだった。

そのグラスは今も現役で、梅酒を飲む時に使っている。
一点物だったし、旅の思い出の品としても思い入れがあって、大事に使っている。
その店を見つけることができたら、また今回の旅の思い出となる何かを買いたいと思った。





しかし、金沢に3箇所も茶屋街があるとはな〜!?

3つのうちのどこに連れて行ってもらったのか、名前を思い出せないので
まずは観光案内のパンフレットに、一番メジャーそうに書かれてあるひがし茶屋街に行ってみた。

「ここやったっけ〜?」
「う〜ん、ここかな〜?」
「雰囲気はこんなんやったけど、他の茶屋街も行ってみないとわからんな〜」

ってことになった。

メイン通りに、ガラス製品の店はなかった。



とりあえず、茶屋街の一角にあるアイスクリーム屋で休憩。

この店には地元の麹屋や醸造元とコラボしたという、甘酒味・はんなり塩・味噌・醤油など、めずらしい味のアイスがあり、
どれにしようかものすごーく迷った。
寒いので、何個もは食べられない。

結局、わたしは味噌のアイスを選んだ。
チーズっぽいコクのあるミルク味のアイスで、ほんのり味噌の香りがした。
むふふ、楽しい。



バスに乗り、次の目的地に移動する。

普段は完全なる車生活で、旅行のときぐらいしか路線バスに乗ることはない。
自分の降りるバス停の前になったら、ピンポーンと音を鳴らすんだということを思い出して、
ボタンに指を伸ばすと、旦那に先を越された。
くぅ〜、次は絶対私が押す!!(と決めたのに、この後いずれも誰かに遅れをとって、1回も押すことができなかった。)



さて、金沢といえば、兼六園。
そして兼六園といえば、この橋と灯篭のイメージ。

門を入って、すぐのところにある。



秋と冬の間の風景。 

モミジの紅葉と雪吊り、どちらも美しかった。



こちらは、昼と夜のあいだ。

だんだんと日が暮れていく様も美しい。



たくさん歩いてたいへんお腹が空いたので、
ホテルに戻りチェックインした後、駅近くの居酒屋で夜ご飯を食べる。



・とうふとアボガドのくるみ胡麻ドレッシング

お昼ががっつり系丼だったので、生野菜がうれしい。
おいしいし、ヘルシーだし、家でも真似できそうでうれしい組み合わせだ。



・北陸珍味三点盛り(鯖へしこ・蛍烏賊沖漬け・甘海老塩辛)

へしこというのはぬか漬けのことで、魚のぬか漬けなんて聞いたことなかったので驚いた。
そのまま食べる他に、へしこのお茶漬けなんていうメニューもあった。
とてもしょっぱい。旦那が「これは酒に合う」と言って、家にも買って帰ってきた。

蛍烏賊の沖漬けは好きな味だった。
甘エビの塩辛っていうのもしょっぱい味で、
そんなにお酒を飲まない私は無性にご飯を食べたくなって、
飲み始めの序盤にもかかわらず、麦とろ飯をたのんで食べた。



・甲箱ガニ(またの名をせいこガニ)

11月〜1月の期間限定、卵もりもりのズワイガニの雌。
左側のオレンジのかたまりは全部卵で、このつぶつぶがなんともいい歯ざわりだった。
カニ味噌もこっくり旨い。

ここではきれいに身をとってくれてあったのだけど、
カニは自分で剥きながら食べる方が、口に入るまでの労働の分、よりおいしく感じる気がする。



・がす海老のから揚げ

甘エビのようで、甘エビじゃないこの海老。
他の地域にはあまり出回らない食材なのだそうだ。

から揚げでは甘エビとの違いがわからなかったので、生で食べたらよかったな〜。



・鴨の地部煮

鴨は・・・レバーっぽい味がした。わさびをつけたらおいしくなった。  そういうもの?
大好きな生麩が入っていたので、うれしかった。





食事のあと、歩いてホテルに戻り、屋上階にある大浴場で湯につかる。
ビジネスホテルなのに大浴場って・・・なんだか不思議。

部屋はタバコ臭くてつらかったが、
立地が良くて、朝食バイキングと2日間の駐車券に2人分の宿泊費で1万円弱というのは、
ぶらり旅にはちょうどいい。

posted by ともか | 12:39 | 旅日記 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:39 | - | - | - |
コメント
バスの停車ボタン競うよね〜。
私も旦那様とよく競ったよ。
そうか、他の人に押されちゃったか。

がす海老だぁ。
どんな味だった?
一度テレビで見て、食べたいなぁって思ったの。
2009/11/30 10:02 by ジーピー。
>じぴたん。
そう、一回も押すことはなかった。
バスに乗りなれてないから、今だ!っていうタイミングがよくわからない。
そろそろかな〜って思ってるうちに、誰かが「ピンポーン」と・・・。

がす海老。
さっぱりして上品な味らしいけど、これは普通に海老のから揚げの味だった。
せっかくだから、生のを食べたかったよ〜。
2009/11/30 21:48 by ともか
バスのボタン、いつも押すよ(笑)
子供がいると、譲ってあげるけど〜

茶屋街、趣があっていいねぇ。
ボブさんの顔が見たいぞ〜(笑)

おいしそうなものがいっぱい。
おなかすいた。。。
2009/12/01 15:49 by axico
>axicoちん
わたし、子供サイズなんだけど。。。ダメかしら。
ボタン押したい欲求がみたされなかったから、
ビジネスホテルの電気のスイッチを押したり消したりしてみたよ。

茶屋街、しぶい。
外からは見えにくく中からは見える、縦格子の窓が素敵やった。
見学できる茶屋もあるんだけど、古い建物ならではのしぶ〜い香りが漂ってた。

あ、ここでもおなかをすかせてしまったな。
わたしもおなかすいた。ほんとにすいた〜ぐぅ。
2009/12/02 19:16 by ともか
コメントする